毎日のお風呂でカラダが変わる◎ 《正しいお風呂の入り方》徹底解説♡|Karen [カレン]

毎日のお風呂でカラダが変わる◎ 《正しいお風呂の入り方》徹底解説♡

お風呂のパワーってすごいんです◎

最近は特に気温が下がって、本格的に冬になってきましたね。皆さんはしっかりと湯船に浸かって、カラダを温めていますか?

もしも、シャワーだけで済ませている方がいたら要注意。せっかくの可愛くなれるチャンスを逃していますよ!お風呂って入り方次第で、美容にとっても良い影響を与えてくれる場所なんです◎

今回は、今日から実践できる《正しいお風呂の入り方》をご紹介します♡

湯船に浸かると、カラダがぽかぽかに♡

良いこと①質の良い睡眠がとれる!

湯船に浸かると、カラダがぽかぽかしますよね♡それによって、血行が良くなり筋肉がほぐれ、心身ともにリラックス気分に!リラックスは良質な睡眠の源ですので、心地よい眠りにつくことができます♡

良質な睡眠を取れれば、疲れもスッキリ解消してくれるので、次の日も全力で過ごすことができるでしょう!

良いこと②むくみが解消される!

さらに!ぽかぽかしてカラダが温まり血行がよくなると、リラックス効果だけではなく、新陳代謝が高まるとも言われています。

新陳代謝が高まることによって全細胞が活性化するので、筋肉がほぐれ、むくみ解消も期待できるんですよ◎

お風呂のパワーってすごいですね!

ベストなお風呂の入り方はコレ◎

寝る1~2時間前までに入浴をするべし!

ですが効果を発揮するためには、ただ湯に浸かれば良いって訳ではないのです。

まず入浴時間は、寝る1~2時間前がおすすめです♡

体温の上昇はカラダが覚醒をしてしまうので、寝る直前に入るのは睡眠に悪影響。

ですが、入浴後ゆったりと体温が下がっていく時に就寝すると良質な睡眠になるので、だいたい1~2時間前がちょうど良いんだとか◎

入浴時間は10~15分位がおすすめ♡

また、入浴時間は10~15分ほどがおすすめ♡

顔にうっすらと汗を書いているくらいがちょうど良いんだとか!急激な発汗は、心臓に負担がかかってカラダに悪いのでやめておきましょう。

絶対にNG!《熱すぎるお湯》

コレだけは絶対してはいけないこと。それは《熱すぎるお湯に浸かること》

カラダを温めることで、むくみが解消したり、良質な睡眠ができるのですが、ただただ温まれば良いという訳ではありません。

熱すぎるお湯はお肌を乾燥させてしまうことも……!だいたい38~40度のぬるま湯に浸かりましょう◎

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ