【保存版】春休み中ここだけ覚えたらOK♡ 《デキる子の敬語》辞典!|Karen [カレン]

【保存版】春休み中ここだけ覚えたらOK♡ 《デキる子の敬語》辞典!

「私の言葉遣い大丈夫?」新卒必見! 《デキる子》が知ってる敬語ポイント♡

社会人生活もスタートダッシュが大事♡

もうすぐ社会人デビュー!なんて子が多いこの時期♡

だけど、面接練習などの中で「敬語間違ってるよ」なんて言われて不安になった経験はありませんか?

正しい敬語って、社会人数年目の人でも出来ていなかったりするもの。実は敬語にも「ここだけ知っておくと違う!」なんてポイントがあるのはご存知ですか?

今回は、世の中のデキる子たちが知っている「ポイント」をご紹介♡社会人生活、良いスタートダッシュを切ってみませんか?

①使うと危ない!《3大NG敬語》

「ご苦労様です」「拝見されましたか?」「〇〇になります」

まず覚えるべきは《危険ワード》!実はこの3つ「バイト敬語」と呼ばれていて、間違っているとは知らずに使っている人多数。

でも「この敬語は間違っている」といろんな場所で言われていて有名な3ワード!「ご苦労様」は目下の相手に使う言葉なので、基本使わなければ大丈夫♪

「拝見されましたか?」はよく使いそうなのですが、「拝見」とは自分が謙る時に使う言葉。
「ご覧になりましたか?」が◎

そして、お会計などでよく聞く「〇〇になります」は「〇〇でございます」に変えるだけでOK♡この3つさえ覚えていたら、失礼を注意されることも少なくなります♪

②さっと言えると一目置かれる♡《デキる子ワード》!

「かしこまりました」「お供させてください」「〇〇致します」

敬語の使い方はもちろん「さっと言えるとさらに良い敬語」が使えると◎

特に使えるのは「かしこまりました」!
「了解しました」や「承知しました」なども、よく聞きますが、より丁寧で、幅広く使えるのはこっち♡わかりました、大丈夫ですと同期の子が答える中「かしこまりました!」とさっと言えると印象◎

また「ご一緒させてください」なんて言うケースもよくあります。積極的な時点で、印象は良くなりますが、さらに「お供させてください」と言えると◎◎

最後の「〇〇致します」は特にメールなど、文章で伝える時に使うと、より丁寧さが感じられます♪

③《二重敬語》を避けるチェックリスト!

丁寧過ぎも変になるので「〇〇いただく」系に注意!

丁寧なのはもちろん良い事♪

ですが「二重敬語」を使ってしまうと、仰々しくなったり、言葉が変になるのでもったいない!注意すべきは「〇〇頂く」系の言葉。

例えば「お伺いさせて頂きます」などは「伺います」だけでも十分丁寧なのでOK♡とにかく「お」や「頂く」と付けたら大丈夫!と言う訳ではありません♪

付けすぎるとかえってNGである事に注意しましょう♡

④褒められたときなど《へりくだり過ぎ》は良くない!

パターン1.大げさに褒められたときは「恐れ入ります」or「とんでもないです」

褒められた時「そんな事ないですよ〜」「私なんて〜」と言いがちで、褒められるのが苦手な子って多いはず!

でも、せっかく褒めたのに気まずくなっちゃうと「次からあんまり言わんとこ」って思われちゃうかも……!

「今までの新人の中で〜」など、大げさだったりする場合はまず「恐れ入ります」など、謙遜も控えめに♡

褒めてくれた事に対する感謝を述べると、印象が良くなります♪

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ