ホテルのレストランでディナー♪気になる服装やマナー、大丈夫?|Karen [カレン]

ホテルのレストランでディナー♪気になる服装やマナー、大丈夫?

今日は記念日なので、ちょっと奮発してホテルのレストランでお食事♪おしゃれな空間と心地よいサービス、そして、美味しい料理。ワクワクしますよね!でも、ちょっと心配なのが服装とマナー。大丈夫です!ホテルで食事を楽しむために、抑えておくべきポイントをまとめました!

ホテルでのディナー、スマートに食事を楽しむためのポイント!

記念日やクリスマスにホテルのレストランでディナー。おしゃれでロマンチックなお食事、とっても楽しみですよね!でも、ちょっと心配なのが服装やマナー。恥をかかずにスマートに食事を楽しむために抑えておくべきポイントをまとめてみました。

ホテルでのディナー、気をつける事は?

ホテルのレストランは、さまざまの人が利用します。そこに集う全員が気持ちよく時間を過ごすために、マナーというものが存在します。スマートに楽しく食事を楽しむためには、どんな点に気をつければ良いのでしょうか。

気になる服装!おすすめとNGの例をあげてみましょう。

ホテルでのディナー、どんな服装でいけばいいの?
ドレスコードっていってもよく分からないし、浮いた格好で居心地悪いのは嫌だし。
そんなあなたに、おすすめの服装と避けるべき服装の例を分かりやすくあげてみました。

おすすめの服装 基本

服装はホテルのドレスコードに合わせるのが大前提ですが、女性であれば、ワンピースにヒール、男性であればビジネスシャツにネクタイ、スラックスという格好にジャケットを羽織り、靴は革靴であれば まず問題ないでしょう。

おすすめの服装 女性版①

肌寒い季節なら、シンプルなワンピースにジャケットを羽織って。
このくらいのエレガントな格好であれば、大抵のレストランで、居心地悪い思いをする事も、浮いた感じもしないでしょう。

おしゃれ上級者でなければ、色はベージュやグレー、ネイビーなど、ベーシックなものがおすすめです。

また、ワンピースでもジャージやコットン、デニムの素材、シャツワンピはおすすめしません。

おすすめの服装 女性版②

暑い時期なら、この写真のように袖付きのシンプルなワンピースはいかがでしょうか。露出度も抑えめで清潔感があります。

アクセサリーや色鮮やかなストールなどの小物で、華やかさをプラスしましょう。
ちょっと大振りなアクセサリーや柄のはっきりしたスカーフ、細いネックレスの重ね付けで自分なりにアレンジしてみましょう。

ストールなどは持っておくと、冷房対策にもなるのでおすすめですよ。

おすすめの服装 女性版③

ワンピースは持ってないんだけど、スーツじゃ駄目かしら。というあなた。
スーツでも大丈夫ですが、インナーに柔らかい素材や明るい色の服を着るか、大振りなアクセサリーをつけて、華やかさを出しましょう。

髪をおろすなどアレンジして、お昼とは違った雰囲気で、華やかさを出すのもいいでしょう。

おすすめの服装 女性版④

パンツも、最近はきれいめなジーンズでもよしとされているところも多いですが、あまりおすすめはしません。良いホテルだと実際にジーンズを履いているお客が少ないからです。
雰囲気に馴染むのは、ビジネスパンツ、もしくはサマーウールなどのパンツでしょう。
チノパンも大丈夫ですが、カジュアル感が多少ありますので、黒やダークグレー、ネイビーなど濃い目の色を選ぶと良いでしょう。

おすすめの服装 女性の靴

靴はヒールやウィングチップなどのかかとのある革靴が良いでしょう。
オープントゥやサンダル、また、ロングブーツなどは避けたほうが無難です。

かかとがカツカツと高い音を立てるのも、ほかの人には耳障りになります。事前に確認して、音の立たないものを選びましょう。

素足ではなく、必ずストッキングを履きます。タイツでもいいですが、薄手のものにしましょう。

おすすめの服装 女性のバッグ

持っていくバックは小降りのものがいいでしょう。ショルダーバックでも、脇に挟めるくらいの大きさの物を選びましょう。

荷物が多くなる場合は、ハンカチや携帯、財布が入る小さいバッグを別に持って、大きい荷物はクロークに預けます。

ブランドものでも、リュックやコットンバッグは避けましょう。

席についたら、バッグは椅子の後ろの開いた部分か、もし鞄を置くための入れ物が用意されていれば、そこに置きます。くれぐれも椅子の背もたれにかけたり、テーブルの上に置いたりしないようにしましょう。

おすすめの服装 ー女性版のまとめー

最近はクールビズなどの影響もあって、ドレスコードも緩くなっている所がほとんどです。
おしゃれをして、お友達とパーティや、ちょっといいレストランに食事しに行く感じの服装で、ほぼ問題ないでしょう。
会社帰りでスーツなら、胸元のボタンを一つ外して、パールのアクセサリーをつける、髪を下ろしたり、光るヘアアクセサリをつけたりして華やかさを演出する、というのがおすすめです。

また、ダークグレーやベージュ、ネイビーなどのベーシックな色のワンピースは、いろいろな場面で使えます。
もし持っていないなら、この機会に一着購入してみてはいかがでしょうか。

おすすめの服装 男性版①

男性のおすすめの服装はいかがでしょうか。

ビジネスシャツにネクタイ、ビジネスパンツとジャケット、革靴であればまず問題ないでしょう。
ではビジネススーツそのままでいいのか、というと、それでは少し違和感を感じるかもしれません。
ディナーですし、ポケットチーフをあしらったり、ネクタイを柄物や色の鮮やかなものにして、おしゃれ感をだすと良いでしょう。

また、ビジネス鞄などはクラークへ預けましょう。

おすすめの服装 男性版②

女性版のまとめでも書いた通り、クールビズなどの影響で、今やジャケットやネクタイが必要、というレストランもほとんどなくなってきています。
夜のディナーであれば、ボタンダウンシャツにスラックスと革靴でも、浮く事はないでしょう。
清潔感がポイントです。

また、色がベージュや茶系だとカジュアル感が多少でてしまいます。「キチンと感」を出したければ、パンツや靴、ベルトなど、紺色や黒などダーク系でまとめると落ち着いた感じになります。

おすすめの服装 男性版③

ジーンズでも可(ただし、ダメージデニムではないもの)のレストランも多いですが、夜のディナーでは、やはりスラックス、チノパンが妥当でしょう。
レストランの格式にもよりますが、やはり、ホテルのディナーの席に、ジーンズ姿のお客は少ないようです。

また、チノパンもカジュアル感がありますので、ネクタイを締めたり、ジャケットを羽織ったりしてきちんと感を演出すると良いでしょう。

NGの格好は?

では、ホテルでのディナーには不向きな格好をあげてみましょう。

ノースリーブ、Tシャツ
ダメージデニム、短パン、レギンス
ビーチサンダル、カジュアルサンダル、スニーカー、ロングブーツ
トートバッグ、リュック
過剰なアクセサリー
露出度の高い服
ボディコンシャスな服
裸足

これらは、どんなに素敵な着こなしでも、ホテルのレストランでのディナーには不釣り合いな格好だと考えた方が良いでしょう。

ドレスコードはどうやって調べる?

ホテルのドレスコードは大抵ホテルの公式ホームページに記載されています。
ただし、わかりづらく、小さい文字で書いてあることも多いので、もしわからなければ電話して問い合わせてみてもいいでしょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ